金融スワップ

資金を長期にわたって調達する場合、長期にわたって固定金利で資金を調達する方法と、一年ごとに金利が異なる変動金利で資金を調達する方法があります。

このような二つの資金調達方法がある場合、長期固定金利で資金を借りていた企業が、変動金利で借りている企業と、金利を交換することによって資金調達コストを引き下げることが可能な場合があります。このような際、調達金利を交換することを、金利スワップと呼称します。

また、公的当局が金利の水準や変動幅などを決定することを金利規制といいます。市場での金利決定の時、公的当局が行政指導によって明示的又は暗黙的に介入を実行する場合、あるいは慣行によって金利が一定の関係を保有して序列づけられている場合を含有します。

金利規制の目的は、貸し手と借り手双方が価格支配力を保有する場合に、金利が不当に高く決定されるのを防ぐ場合、その逆の低く設定される場合など。金融機関の間の競争を規制し、信用秩序の安定を図ることも目的の一つです。

消費者金融とは?