即日融資でお金を借りる

0

スピードキャッシング

今すぐお金が必要方には即日融資キャッシングがお勧めです。当日に申し込んで当日指定口座へ振り込みされてきますので、お財布キャッシングとも呼ばれています。

消費者金融の審査が迅速な理由

消費者金融専業者とは、消費者に対するお金の融資を主な業務として行っている民間企業のうち、金融機関、信販会社、クレジットカード会社等を除いた会社をいいます。一般的に、金融機関とは預金業務や商工業貸付を主業務とし、信販会社やクレジットカード会社は割賦販売を主業務としています。

それらに対して、消費者金融は消費者に対して無担保・無保証で小口の融資を行う消費者ローンを主業務としています。消費者金融は銀行などの金融機関や信販会社とは違い、新規融資に際して審査の時間が段違いに短いのが特徴で、銀行などが審査に三週間程度も要するのに対して、消費者金融は30分程度で審査が完了してしまいます。

消費者金融の種類

大手消費者金融中堅消費者金融零細消費者金融

大手と中堅の違い

大手と中堅との最大の違いは資本力にありますが、審査基準についても大きな相違があります。特に借入件数については、双方とも重要視される審査項目であり、信用情報機関へのアクセスで直ぐに分かってしまう他社借入件数は債務者の信用リスクを表す指標として広く活用されています。

大手と中小の金融会社で比較した場合、大手では4件前後を上限としているのに対し、中小では6件前後が上限といわれています。つまり、借入件数が増えるに伴い債務者の借入先が大手から中小へ移ることを示唆しているということです。

中小は大手と比較して、高い信用リスクの顧客を受け入れ、その結果延滞を引き起こす確率の高い債権を保有しているということになります。但し、中小は大手より高い信用リスクの顧客へ融資をする代わりに融資額を少額に設定しており、これはリスク分散を図っているからです。


柔軟性のある審査が定評の中堅(中小)消費者金融

中堅消費者金融

中堅中小消費者金融

大手カードローンの審査に通らなかった方におススメ!

 融資の対象  大手の審査で落とされた方、多重債務者
 審査基準  甘い、柔軟
 金利標準  約12.0〜18.0%

激甘審査で借りれる零細消費者金融一覧

審査が甘い金融会社

激甘審査の消費者金融

中堅業者の審査で落とされた方は零細金融業者を当たりましょう。

 融資の対象  中堅業者で借りれなかった人、多重債務者
 審査基準  極甘、甘い
 金利標準  約18.0%〜

借入審査で落とされる理由4

借入審査で落とされる理由は様々ですが、ほとんどの理由は信用情報機関の個人データに問題がある場合が多いです。

過去に借金の支払いを遅延していたり、自己破産などをしていれば事故情報(ブラックリスト)として登録されているケースもありますし、その場合はほぼ100%審査に通ることはありません。

また、現在の借入状況が支払い能力をオーバーしている場合でも、支払い能力不能とみなされて審査で落とされてしまいます。

確実に借りるためには

確実にお金を借りるためには、融資を申し込む金融会社の審査基準がクリア出来るかどうかを知ることが第一条件となります。借入件数が7件以上もあるのに大手の消費差金融で申し込んでも審査に通るはずがありません。

逆に年収300万円で借金がゼロの人間が審査の甘い中小消費者金融で借りるも無駄の極みです。なぜならもっと利息の低い大手銀行系のキャッシング会社で借りれるからです。

目安となるのは借入件数が3件です。それ以下だと大手、それ以上だと中小中堅の消費者金融と覚えておくとよいでしょう。但し、借入件数が7件以上もの多重債務になると、いくら即日融資激甘の消費者ローンといえども厳しいかもしれません。

ヤミ金融なら借りれるかもしれませんが、高金利で返済が出来なくなる恐れもありますので、十分気をつけて下さい。

当日融資の定義

当日申し込んで当日融資が実行されるのを即日融資を呼称します。今では大手や中小の消費者金融の多くが即日キャッシングが可能ですが、都市銀行などでは当日の14時までの申し込みが最終期限となっています。また、ネットバンキングの場合は当日の17時までの申し込みで当日融資が可能です。

なぜこれほどスピードキャッシングが可能になったかと言いますと、情報技術の進歩と信用情報機関から取り寄せるデータの正確性があげられます。特に信用情報センターから取り寄せるデータでは、申込者の過去の借金履歴が表面化しますので、もしも過去に自己破産などをしていれば、審査で落とされることになります。

もっとも必要の無いお金は借りるのも無駄になるわけで、貸金業者からお金を借りれば当然利息を支払うことになります。その利息はほって置いたらどんどん大きくなっていきますので、なるべく早い時期に元金を返済しなければ、いつまでも苦しい生活を余儀なくされてしまいます。

一昔前の消費者金融の利用者は男性が大半でしたが、現在では女性向けのレディースローンや主婦キャッシング、あるいは学生向けの学生ローンといった金融商品もあります。それほど金融業界は需要が高いということなのですが、逆に言えばお金に不自由している人たちが多いということにもなりますね。

当サイトの概要